デブ菌って何?デブ菌を減らす方法教えます

デブ菌とは?デブ菌を減らすにはどうしたらいい?デブ菌だけじゃなくてヤセ菌というのもあるようです。デブ菌が好むものを知って退治しましょう!
MENU
デブ菌,何,減らす,でぶ菌 デブ菌,何,減らす,でぶ菌

デブ菌とは?デブ菌が多いとどうなるの?

 

デブ菌という名前を聞いたことはありますか?
何となくどういった菌か想像できそうな名前ですが、その名の通り、太ってしまう元になる菌のことです。
最近注目され出した言葉ですが、デブ菌という名前は俗称で、実際にはファーミキューテス門というのが正式名称になり、腸の中に存在しています。具体的にどのような菌がデブ菌ということは判明していないのですが、このデブ菌が多いと、どんなにダイエットをしても痩せることが困難です。食べる量を減らしても痩せないと嘆いている人は、このデブ菌が多いと考えられます。
ですので、痩せたいと思っている人は、このデブ菌を減らすことができれば効果を得ることが出来るので、まずはこのデブ菌の特徴を知って減らすよう心掛けましょう。


デブ菌、ヤセ菌は日和見菌

太る

デブ菌は太ってしまう元になる菌のことですが、それとは逆にヤセ菌と呼ばれる太りにくい菌も存在します。
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌と呼ばれる菌が存在し、このデブ菌、ヤセ菌は日和見菌の一種になります。太る原因は腸内の悪玉菌が多くなることにありますが、日和見菌は多い方に傾く性質があるため、悪玉菌が優性の場合、悪玉菌寄りのデブ菌が活発になり太る結果となります。逆に、善玉菌が悪玉菌より多く優性の場合は、ヤセ菌が活発になり痩せにくい体質になります。
この善玉菌、悪玉菌、日和見菌の割合は2対1対7がベストと言われており、デブ菌とヤセ菌は4対6がベストと言われています。このバランスが崩れてデブ菌の腸内の割合が増えてしまうと太りやすく痩せにくくなってしまうのです。ですので、デブ菌を増やさないために悪玉菌と善玉菌をコントロールするようにしましょう。


デブ菌が減らせない人必見!サプリメントを試してみよう。

太る

デブ菌を減らす方法を試していても全然痩せることが出来ない、減らしたいけど食生活を改善するのが難しいという人も中にはいることと思います。そういった人はサプリメントを試してみるのも一つの手段です。
現在は本当に多くのサプリメントが普及していて、どれを試したらよいか迷ってしまいますよね。
始めるに当たっては、できる限り今の生活のままで無理なく継続できるものがおすすめです。その中で、今注目されているものにプレミアム酵母というものがあります。
このサプリメントは、1日1〜3回、いつもの食事にプラスして飲み続けるだけなので、負担なく継続することができます。気になる保存料や着色料、防腐剤などは一切使用していないので安心して飲むことができます。
運動が苦手な人や仕事の付き合いで外食が多い人は、結果が出せず、またダイエットに時間を割くことが難しいと思います。そういった人には、飲むだけで成果が得られるという口コミのあるプレミアム酵母を是非試してみて下さい。


サプリメントの要素と効果とは

 

プレミアム酵母というサプリメントは、単に痩せるだけでなく、満腹感を得られるという効果があります。これにより、食欲も減るため、食生活も改善されるというメリットがあります。
日本人が毎日食べているお米やうどん、パスタやラーメンなどは炭水化物で、そのほとんどが糖質であり、消費しにくく、お腹いっぱいだという満腹感が得にくい特性があります。ですので、こういった食べ物を主食で食べている食生活ではなかなか痩せたと実感することができず、ダイエットにストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。ですが、プレミアム酵母は、糖質を水や炭酸ガスなどに分解して余分な糖分を取り除いてくれる糖質分解酵母なので、大好きな炭水化物を止めることなく肥満につながるデブ菌を減らすことができるのです。
お腹が空くと食べたくなる、だけど太ってしまうから食べられないというストレスからも解消されるので、精神的にも身体的にも良い効果が得られるので、他のサプリメントで効果がなかった人は、一度試してみることをおすすめします。

 

摂取時に気を付けたいこと

太る

プレミアム酵母を飲むに当たって、できる限りその効果を引き出すことのできる方法で摂取したいですよね。
プレミアム酵母は食品に分類されますので、薬のように決まった時間などはなく、好きな時に飲むことができます。ただ、生活習慣をつける意味でも毎日同じ時間に摂取することをおすすめしています。
1包を200cc位の水と一緒に取るようにし、酵母は60℃以上のお湯と一緒に飲むと働きがなくなってしまうため、飲む際には水もしくは白湯で摂取するようにしましょう。
1日の摂取量は1〜3包位の範囲で個人に合った量を取るようにして下さい。少しでも効果を早く得ようと飲み過ぎても害はありませんが、摂取し過ぎるとお腹が緩くなる可能性もありますので、飲む量には注意するようにしましょう。年齢に制限はありませんが、乳幼児の摂取は避けるようにして下さい。
効果が出るまでは個人差がありますが、口コミなども参考にしてみて下さい。継続して飲み続けることが大切です。

 

サプリメントの口コミ

 

効果が得られるまでどの位かかるのか、本当に痩せることができるのか、という不安を持ってらっしゃる人もいると思います。では、実際に飲んでみた人の口コミにはどのような声が上がっているのでしょうか。

まる

  • 最初は飲みにくいと思ったけどすぐに慣れ、便秘が解消されて2カ月で約−3kg

     友人からも羨ましがられました。

  • 飲むだけでストレスや手間がなく、空腹時に飲むと空腹が収まって食べ過ぎない

    3カ月で−11kg痩せられ、娘にも綺麗になったと褒められた。

  • 食べるのが大好きなので、食べ過ぎを防いでくれて救世主のような存在。

     2カ月で約−3kg、体重計に乗るのが楽しみです。

  • 40代を過ぎ、体重が減らずにいろいろなダイエットを試したけどリバウンドばかり。

     ダメかと思っていた時に飲み始め便通も良くなり2カ月で−5kg
    これからも飲み続けたいです。


口コミを見ると、食べ過ぎに悩んでいた人が空腹を抑えられて食べ過ぎず、2、3カ月で成果が出たと話しています。周りの家族や友人にも効果を実感し、褒めてもらえればますます嬉しくなりますよね。もちろん、効果には個人差があるかと思いますが、どのダイエットを試してもデブ菌が減らせず、痩せれなかったと言っていた人も、プレミアム酵母では効果が出たと口コミでは話題のサプリメントです。同じような経験をされた人は一度試してみることをおすすめします。

 

 

デブ菌とヤセ菌の違い

 

デブ菌とヤセ菌の性質を知っていれば、どのように体に影響するのか理解でき、肥満や病気を防ぐことができます。腸内のデブ菌とヤセ菌は、3対7の割合が肥満にならずに良いとされています。その割合を保つためにも、それぞれの性質や働きを見ていきたいと思います。

 

デブ菌の性質と働き

デブ菌(イメージです)

デブ菌は俗称になり、ファーミキューテス門といのが本当の名称です。デブ菌は悪玉菌に近い性質の日和見菌のため、悪玉菌が増加して活発になると、デブ菌も腸の中でより活性化し、有害物質を増加させて私たちの体に悪影響を及ぼします。デブ菌は皮下脂肪や内臓脂肪に取り込まれやすく、排出されず必要以上に体内に残ってしまいます。これがたくさん食べていないのに太ってしまう、という肥満の原因なのです。

ヤセ菌の性質と働き

ヤセ菌

ヤセ菌は、その名の通り痩せる菌、太らない菌です。バクテロイデス門というのが正式名称で、デブ菌と同様日和見菌の一種です。デブ菌がエネルギーを体に蓄積させるのとは逆に、ヤセ菌は余分な物を体の外に排出する働きがあります。善玉菌が多いとヤセ菌も活発になり、便秘も解消されます。ヤセ菌は、取り込んだエネルギーで筋肉を活発化させ、脂肪を燃焼させる性質があります。ですので、ヤセ菌が多いと食べても太りにくいのです。

 

デブ菌,何,減らす,でぶ菌


デブ菌を減らすためにはどうすればいい?

 

デブ菌を減らせば痩せるということがわかってきましたが、実際にデブ菌はどうすれば減らすことができるのでしょうか。それには、毎日の食生活が大きく関係しています。

 

食生活の改善

理想的な食事

デブ菌を減らすためには、まず食生活の改善が必要不可欠です。デブ菌、ヤセ菌それぞれ好む食べ物がありますが、食生活の改善も大変重要です。大きくは以下のようなことに注意しましょう。

  • きちんと3食、できれば決まった時間に食事をする
  • スイーツなどの甘い物や塩分の過剰な摂取は控える
  • できれば寝る3時間前までに食事は済ましておく
  • 野菜もきちんと食べる

近年、朝食をきちんと取らない人や、夜遅くにご飯を食べる人、また常に何か食べている人が増えています。朝起きて脳を働かせるためにもきちんと朝食は取り、3食以外の間食はなるべく避けるようにして下さい。また、野菜をきちんと食べない人も増えているので、偏食にも注意して下さい。夕食がどうしても遅くなる場合は、うどんやお粥など消化の良い物を食べるようおすすめします。規則正しい食生活を心掛けるようにしましょう。

 

デブ菌が好む食べ物を減らす

 

デブ菌が好む食べ物をきちんと知っておけば、食べる量も制限することなく楽しく食事をすることができます。デブ菌が増える要素となる食べ物は避け、肥満の元になる食生活を改善していきましょう。

 

デブ菌が増える元になる食べ物

太る食事

  • 砂糖:悪玉菌を増やす大きな原因のひとつ。白い砂糖や人工甘味料を避け、

    ハチミツやオリゴ糖などを使用するようにしましょう。

  • 揚げ物:飽和脂肪酸を多く含む揚げ物は悪玉菌の好物です。コレステロールが血管に蓄積され、肥満の元になってしまいます。
  • 小麦粉:小麦粉に含まれるグルテンは食欲を促進させるだけでなく血糖値を上昇させてしまいます。グルテンフリーダイエットが注目されつつあり、パンやケーキ、クッキーなど小麦粉を多く使用している食べ物の取り過ぎには注意しましょう。
  • 添加物:市販の総菜やコンビニ弁当、おにぎり、サンドイッチなどには保存料や防腐剤など多くの添加物が含まれています。取り過ぎると悪玉菌の増加につながるため、できる限りの分で調理したものを食べるように心掛けましょう。
  • 肉類:消化しにくい肉類は腸で腐敗便となり悪玉菌を増殖させる原因になります。

    肉ばかりではなく、魚も食べるようにしましょう。

デブ菌が増える元になる食べ物を控えることでダイエットにつながるので、毎日の食生活に気を付け、生活習慣も改善するようにしていきましょう。

 

ヤセ菌が好む食べ物を増やす

 

デブ菌を増やす食べ物を避けることも大事ですが、ヤセ菌を増やす食べ物を積極的に摂取することも重要です。太らないために効果的な食べ物を見ていきたいと思います。

 

効果的な食べ物@納豆

 

ヤセ菌を増やす食べ物で効果が期待できるものに納豆が挙げられます。納豆菌はとても強力で生きたまま腸に届くため、腸内フローラを善玉菌が活動しやすい環境に変えてくれます。納豆の他にも味噌やぬか漬けなどの発酵食品は善玉菌を活発にしてくれるのでおすすめです。

 

効果的な食べ物Aヨーグルト

ヨーグルト

納豆の次にヨーグルトもヤセ菌を増やす手伝いをしてくれます。乳酸菌が腸内で善玉菌に作用し、腸内環境を整えてくれます。腸内細菌学でデブ菌の研究をしておられる辨野先生は、1週間位はヨーグルトを食べ続けて便の様子を見て、自分に合ったものを見つけるといいと話されていたようです。


効果的な食べ物Bもち麦

 

もち麦は、善玉菌を増やす効果のある水溶性の食物繊維で、その中でも効果的な食物と言われています。水溶性食物繊維は炭水化物の吸収を助け、腸内の老廃物を排出してくれる働きがあります。余分なエネルギーが体内に残らず排出されるので、太らずヤセ菌が育つ環境にしてくれます。

 

効果的な食べ物C野菜

野菜

酵素はデブ菌の増加の元となる糖分を分解する働きがありますが、熱に弱い性質があります。そのため、野菜などの加熱しない状態で食べる食物繊維はデブ菌を減らすのに効果的です。炭水化物などより野菜を先に食べるように心掛けると、より効果が得られやすいと言われています。

 

デブ菌,何,減らす,でぶ菌


デブ菌は体質?遺伝する?

 

デブ菌を減らす努力を始めてもなかなか痩せる傾向が見られない、と嘆いている人もいるのではないでしょうか。では、デブ菌は生まれつきの体質なのでしょうか。
実験データによると、デブ菌は遺伝する確率が高いと言われています。
ある腸内環境の悪い、痩せている母親に、便移植という治療法でデブ菌を持つ子供の腸内細菌を移植したところ、腸内環境は改善されたが、太ってしまったという結果が出ました。また、同じような食生活で育っているため、デブ菌は遺伝すると考えられています。
ただ、血縁関係にない他人からは感染しないので、親子でも血のつながりがなければデブ菌は遺伝しないようです。

 

デブ菌が多いと健康にも悪影響

悪い働き

デブ菌は増加すると肥満による見た目の影響だけでなく、内臓にも影響を及ぼし、健康被害にもつながる原因になっています。大腸は人間の体の中で最も病気が多い臓器で、便秘や停滞腸、深刻な場合には大腸がんや潰瘍性大腸炎などを引き起こす可能性があります。大腸がんは近年死亡原因の上位に挙がっています。
デブ菌を減らすことは、見た目や過食を改善するだけでなく、健康的な体にするためにも重要なことなのです。


デブ菌,何,減らす,でぶ菌


デブ菌を減らすために重要な短鎖脂肪酸とは?

 

短鎖脂肪酸と呼ばれる脂肪酸を聞いたことはありますか?この脂肪酸は食物繊維などヤセ菌が好む食べ物が腸内で発酵することにより生成されます。
短鎖脂肪酸が増加すると、脂肪細胞が脂質を吸収するのを弱め、余分なエネルギーを消費して体の外に出す働きをしてくれます。また、免疫機能も向上され、基礎代謝も上がるため、より健康的な体に改善することができるのです。
短鎖脂肪酸はヤセ菌やビフィズス菌、善玉菌から作られるため、これらが好むものを食べることにより短鎖脂肪酸が作られ、デブ菌を減らすことができます。

 

まとめ 

 

デブ菌が増加すると、どれだけ食事制限をしても痩せることができないので、ストレスの元になるだけでなく、大腸がんなどの大きな病気を引き起こす原因にもなってしまいます。
デブ菌を減らすには、揚げ物や甘い物、小麦粉が多く含まれる炭水化物などを減らすよう心掛け、ヤセ菌が好む食物繊維や納豆、ヨーグルトを取り続けることが大切です。
仕事の付き合いで外食を減らすことができなかったり、なかなか日々の食生活を改善することが難しい人には、プレミアム酵母というサプリメントを試してみるのも一つの手段です。少しずつでもヤセ菌を増やして太りにくい腸内環境を維持するよう心掛けましょう。

 

デブ菌,何,減らす,でぶ菌


更新履歴
このページの先頭へ